最大の自己投資?歯医者のすゝめ

こんにちわ!
スガコーキ(@suga_koki)です!

先日歯医者に行ってきました。
虫歯など別にどこかが悪いわけでなく定期健診です。
僕は3ヶ月に1回歯医者に行っています。

コンビニと同じ件数あると言われていますが、歯医者って虫歯にならないと行かない人が多いと思います。
また美容だったりダイエットだったり身体のメンテナンスを気にしている人って多いのに、歯へのメンテナンスへの意識って割と低いと感じています。

しかし歯のメンテナンスは人生の上でかなり大切なことです。

80歳まで20本歯を残そうという”8020運動”があるように、歯はそのままにしてしまうとどんどん無くなっていってしまいます。

歯がなくなったら入れ歯があるからと思っている方もいると思いますが、自分のでないと食べ物が美味しくなくなってしまうそうです。
そう考えたらなんとしてでも歯を残したいですよね?

毎日のブラッシングでは磨けない部分がある

ここまで読んで、歯ブラシ毎日しているから大丈夫だと思っている人も多いと思います。
しかし歯ブラシだけでは歯石まで取りきることが出来ません。
歯石を放置していると歯周病の原因となり、最終的には歯が抜けてしまいます。

そして定期健診で一番のメリットは虫歯を早期で発見出来ることです。
痛くて怖いから行くの嫌だという方が多いと思いますが、早期で発見することで痛いを思いをしなくてすみます。
通院回数も減り治療費も安く済みます。

おすすめはPMTC

定期健診はもちろん歯石を取るだけでもいいのですが、1年にに一度程度はPMTCも受けると良いです。
PMTCとは歯科医師や衛生士さんが専門の機械を使用して歯のクリーニングを行うものです。
自費診療のため割高にはなってしまいますが、歯がかなり綺麗になります。

僕もPMTCを受けますが、行った後は歯がつるつるにあり気持ちいいです!

歯医者選びは大事

僕は地元ではなく都内の歯医者に通っています。
家から徒歩1分のところにあるにも関わらず都内の歯医者に通う理由は歯医者によって特色があるからです。
当たり前ですが、人が行うものなので、場所によって治療技術が違います。
近いからという理由だけで行くと、技術が低くて一度治療したところが後に悪化してしまったと言うこともあります。
さらに場所によってPMTCの内容が変わるたり、治療にかかる料金(特に自費)も変わるため歯医者選びは十分吟味する必要があります。
僕は美容室に行くのと同じような感覚で歯医者を選んでいます。

歯医者を行くうえで気を付けたいこと

また選ぶ上で気を付けたい事はとにかく自費診療を勧めてくる歯医者があります。
どうやら保険診療だけでは儲からないから自費を進めるようです。

確かに自費診療は銀歯ではなくセラミックインレーを使用することで埋めた場所が気にならないようになったりメリットはあります。
自費治療があるという選択肢をまったく説明しない歯医者もまたダメだとは思っています。

しかし本人が望んでいいないのに自費診療をごり押しで勧められるとうんざりとしてしまいます。
僕も技術は良かったのですが、自費診療のごり押しが嫌で歯医者を変えたことがありました。

またインプラントの事故が多発しているので、自費診療で受けるときはより歯医者選びを気にする必要があります。

まとめ

今回は歯医者のことを熱く語りましたが、歯の健康の維持は自己投資と同じです。絶対に裏切りません。
生涯にわたって美味しい食事をするためには欠かせない存在です。
この記事を読んだら是非歯医者を予約してください!

Thank you for reading!

関連記事

関連記事がありません。