見栄を張っても何もいいことはない。

こんにちわ!
スガコーキ(@suga_koki)です!

生きるうえで僕が常に大切にしていることがあります。
“見栄を張らない”ことです。

すべての判断におていこの”見栄”を基準としています。
何かを判断するとき、特に諦めようとしているときに”それが見栄なのかどうか”客観的に考えます。
そしてそれが見栄であれば、我慢したり諦めたりせず行動するようにしています。

先生との衝突

昔、とある出来事から僕が人間不信になり、その結果様々な誤解を招いたことがありました。
その時先生に呼び出されました。
もうだいぶ前の話なのでどういう話をしたかまでは覚えていないのですが、すべてを話したことで先生の誤解を解くことが出来ました。

そしてこの人は僕のことを何にも見ていないとずっと思っていたのですが、ちゃんと見ていてくれたことを知りました。

その時に「君は人よりも見栄を張りやすいから気をつけなさい」
とお言葉を頂きました。

ちなみにこの誤解が解けたのは実は卒業式当日でした。
本当はもっと早く誤解が解けていればとこの時思いました。
でも誤解されたまま学校を卒業するよりは解いて卒業出来たのでよかったと思っています。

見栄を張らずに生きた結果

その後はこの言葉を胸に、何かに迷ったり、自分が見栄を張っているかもしれないと感じた時は、一度立ち止まって「この判断は見栄なのか?」そう自分に問うようにしています。

声優として決断しなければ行けない時、誰かと喧嘩した時、誰かを好きになったとき。
様々な場面でこの時の事を思い出します。

そして見栄を張らないという自分の中の判断基準が生まれたことで、自分の行動に覚悟が生まれるようになった気がします。

自分が本当にしたいことだからこうしているんだ。
もしダメでも後悔はしない。

そう思えるようになったのです。

色々な先生がいると思いますが、僕は先生に恵まれたなと思っています。
学校、養成所と他にもたくさんの恩師がいます。
他の先生のこともいつかここでも書きたいと思います。

唯一の心残りはまた学祭の際には顔を出すと先生と約束したまま数年が経ち、その後先生が亡くなってしまったため約束を果たせなくなってしまったことです。

自分に素直に

今回見栄を張らないことをテーマにブログを書いてきましたが、大切なことは自分に素直になることだと思います。

人の目を気にして見栄を張りたくなることもあります。
でもそれで良く見せても何もいいことはないです。

僕は自分に素直になれたから今があると思っています。
うまくいかないことも多いけど、今の生き方でよかったと思っています。

Thank you for reading!

関連記事

SHOWROOMから考察する継続することとやめることへの判断

YouTuberヒカルさん復帰に思う、しくじり話。