低評価は悪?YouTubeの低評価に対する考え方

こんにちわ!
スガコーキ(@suga_koki)です!

YouTubeに投稿していれば誰しも必ず一度は気になるものがあります。
低評価です。

何故低評価するのか教えて欲しいという内容の動画もたまに見かけます。
そして低評価について検索すると気にするな等いろいろと書かれています。

僕も低評価について考えてきました。
そしてその中で分かってきたのが、同じ低評価でも内容が違うという事です。

動画の内容に対して低評価を押す人がいれば僕が嫌いだと感情的に押す人もいます。
後者に対してはどうしようもないのですが前者に対しては対策の余地があると考えています。

低評価が動画のクオリティ改善に繋がった事例

以前にも紹介したうちのチャンネルの稼ぎ頭、プロ野球チップスの開封。
実は高評価よりも低評価が多い動画でした。

最初のうちは良いのですが、再生回数が増えれば増えるほど低評価が増えて行きます。

しかしこれに対しある推測がありました。
「プロ野球チップスの動画を観に来る人の多くは、僕ではなく好きな選手のカードを観に来ている。
というものです。

そこでカードを見やすい角度にカメラの位置を変更し、僕のリアクションを差し込む形に変更しました。
最新の開封動画は過去最大の再生数になっていますが、今のところ高評価が上回っています。

僕のファンを作ることを目的としてYouTubeをやっているので、本来であれば矛盾した施策です。
しかし初めて僕の動画を観に来る割合が多い動画なのでこれは仕方のないことです。
一度でも観てもらえればおすすめや関連動画に表示される可能性が高まります。
これをきっかけに他の動画をみて今度は僕を観に来てくれればいいと思っています。

低評価を覚悟して出した動画

先ほど述べた「一度観てもらえればまた来てくれる可能性が高まる」
という考えから低評価を覚悟して出した動画もあります。

その動画は予想通り大きく再生回数を伸ばしましたが、低評価も量産しました。。。
ちなみにその動画は平均視聴維持率も低かったです・・・。

でもこの動画を出したからこそ、今の登録者数があると思っています。
まずは認知してもらえないと何もはじまらないのです。

低評価でも視聴者には変わりない

最近、低評価に対する考え方が変わる出来事がありました。
このサイトを紹介するために投稿した動画内でチューバータウンというサイトを紹介しました。
僕のYouTubeでの年収(推定)が流出していたと紹介したのですが、人気投票もついています。

動画で人気投票への投票を呼び掛けたところ、好き15票に対して嫌いが5票(2017年12月5日現在)ついていました。
チューバータウン
僕が動画を出した時点では好き2票、嫌いが0票でした。
つまり動画を観てさらにわざわざ嫌いを押した人がいるんです。

ということは低評価を押すために僕のチャンネルを登録している人もいるはずです。
そしてその人はきっと動画を再生しているはずです。

低評価を押そうが1回の再生には変わりません。
ということはファンになる可能性は低いのかもしれませんが、その人もまた視聴者なのです。
そう思ったときに低評価を押されることは必ずしも悪いことではないと思いました。

そもそも低評価よりも高評価を押すことの方がハードルが高いのかもしれません。
だから低評価が伸びやすい傾向にあるのかもしれません。
それでも誰かの心に良くも悪くも引っかかった方が良いなと思うようになりました。

この記事を読んで僕の動画を観てくださった方は是非評価してくださると嬉しいです!
あ、高評価だとさらに嬉しいです(笑

SugaTube


SugaTube
https://www.youtube.com/c/SugaTube

Thank you for reading!

関連記事

YouTuberヒカルさん復帰に思う、しくじり話。

YouTubeは今あるものでだけで小さく始められる!

プロ野球チップスの開封動画が好調!媚びるべきか否か